25peso、取るに足らない金額。でも、1円を笑う者は1円に泣く。
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
NEWEST ENTRIES 5
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
POWERED
paperboy&co.
ブログのレンタルサービス JUGEM
Amazon.co.jp アソシエイト
HASHIBILOKO
Image
ABOUT MY MAC
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

written by スポンサードリンク
- | - | 関連記事を検索する
▲TOP
HAPPY NEW YEAR 2017
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

略して、あけおめ、ことよろ。
今の人たちは、そんなことを言わないのかな?

あけましておめでとうございます、とは、万人に言えない風習が、日本にはある。
身内の方が亡くなられると、そりゃおめでたくはない、ということになる。
それについて、ちょっと考えてみる。
もちろん、ご不幸ごとがあられた方は、おめでたくはない。
他人に口をはさまれたくない。
放っておいてほしい。
そういう感情になるだろう。
でも、こうして生きていて、年が明けて、また次の年になれて、新年のあいさつを交わせていること、それ自体は、誰にとってもおめでたいこと、になる。
そういう意味で、あけおめ、ことよろ、と書いてみている。
・・・なんの(ための)エクスキューズ(言い訳)だ?

去年もいっさい投稿を行いませんでした。
でも、過去の遺物も含めて、なんとなく、ゆるゆると、存在し続けている。
1年に1度しか呼吸をしないような、そんなブログになっています。
でも、仕事で忙しくなるにつけ、大切な自分の心のよりどころとして、自分自身にとって、あってほしい場所になっている気がします。学生時代にはじめたこのブログ。「あの頃」に戻る装置として、有効なのです。(「あの頃」とは、保坂和志さんの使っていた言葉でもあります。)

近況報告:
・大掃除をすると、身も心もきれいになった気持ちがします。定期的に手入れとしての大掃除をしようと、月別TODOを作ったのですが、TODOのようなものは、やれなかったときの罪悪感が強くて、だめですね。それで、チェックリストにしてみました。大掃除ができる時期に、そのチェックリストをなぞっていって、必要なところを大掃除していく方式にしました。経年変化も見つめて、最低限度の保守管理(掃除)を行っていこうと思います。
でも、そうやってチェックして、必要最低限の部分だけ掃除を行っていても、あぶらが乗ってくると、楽しくなって、けっこうどんどん掃除してしまうものです。今回は、去年の年末大掃除から、いまだに、ずるずる、という感じですが、大掃除が続いています。つまり、やり始めるとけっこう細かいところまで、どんどんやっていってしまっている。まあそれは、ある部分がきれいになると、相対的に、別の部分が目立ち始める、というようなことかもしれませんが。
汚れにも種類があることを知りました。洗剤は、汚れを浮かすor溶かすためにありますが、アルカリ性、中性、酸性を意識するようになりました。クエン酸、重曹、酢、エタノール、いろいろあるものですね。
あと、次は、静電気やカビやコケが次に発生しにくくするにはどうすればいいのか、というのが、研究課題です(笑)

・今年の目標は、「今を生きる」でしょうか。
そういう名前の、今は亡きロビン・ウィリアムズの映画がありました。
今は2度とこない。今はいましかない。ということを歌った、レミオロメンの「もっと遠くへ」という歌もありました。
読まずに死ねるか、という言葉も響いてきます。
ともかく、今できること、今すべきこと、最大限にしながら、それでも明日を見つめる。
そういう感じの年にしたいと思っています。

・お茶や漬物がおいしくなってきました。味覚の変化を感じます。年をとったなあ、と感じます。
この年になって、和食に興味をもちました。昔はカレーライス、ハンバーグ、洋食な味が大好きでした。
世界のWASHOKUです。
めんつゆで、揚げ出し豆腐を作って食べてみると、驚くほど美味しかった。
出汁(でじるじゃないよ、だしだよ)をとってみたりもしてみています。
朝ご飯のおみそ汁が、染みるようになってきました。
みりんがお酒であって、でも料理に使う「酒」とは違うことを知りました。
いろんなことに無知だなあ、と思います。
でも、まだまだ知らないこと、あたらしいことがあることは、幸せなことです。
今年は、そういう心持ちでスタートしています。

・イクメン、イクボスという言葉が流行っています。更に、ブラック夫、ワンオペ育児、なんて言葉もちらほら聞かれてきたり。
父親としてのいろいろは、それなりにやってみているつもりです。
掃除、料理、洗濯、それなりに行っています。
調べてみると、それぞれ、深い世界が広がっています。
なにごとも、そういう深い部分が好きです。
父親として子どもたちへ贈っていること:
スポーツ系:プール。キャッチボールなどの外遊び。お正月は凧揚げをしました。プリキュアの安いビニルの凧ですが、この時期しか使っていませんが、もう3年ごしで持っています。なかなかいい買い物だった。
自然体験:釣り。動物園。プール。家庭菜園(環境教育、食育)、夏のゴーヤと朝顔は種取りして無料循環になりました。それを料理して食べるところまで、自分が楽しんでやっています。自分も学び直している感じ。
職業体験:キッザニア。素晴らしかったです。ぜひ行ってみてください。
工業体験:工作。うちでは製作という。百均の方眼紙があるといい。子供用雑誌には付録もよくついてくる。
読書体験:読み聞かせ。
科学体験:手品をしてみること。
音楽体験:車内ではよく音楽をかけています。子どもの好きな曲、大人の好きな曲、昔の曲までたまに引っ張り出してきて。ふりかえりスライドショーのBGMにしたりして、"家族の音楽"を増やしていっています。
よくやっているよな、俺。(笑)
この頃、我が家ではパズル、ビーズが流行のきざしです。
おかたづけ育とか、おこづかいの使い方や記録などを教えることで、金銭感覚を養うとかが、次のミッションかな。
本格的な自由研究とか、子どもにパソコンでスライドショーなどを作らせてICTの力をつける、というのもいいですね。

今年が(も)あなたにとっていい年でありますように。
written by B&M
comments(1) | trackbacks(0) | 関連記事を検索する
▲TOP
HAPPY NEW YEAR 2016
みなさん、おひさしぶり。
気がつけば、去年はいっさい投稿を行いませんでした。
と去年2015年の1月に書いて、また1年が過ぎました。
「大人になると時間が経つのが早いわよ」とはよく言ったもので、本当に月日は矢のごとく飛び去っていきます。


近況報告:

・新しい仕事環境で2年が経とうとしています。だいぶ慣れてきました。

・iPhone6へ乗り換えました。au→Softbankになりました。今のところ利用料金が以前より安くなりました。去年、画面の大きさについて、この機種は大きすぎると思っていたのですが、実際大きすぎる面もあるのですが、慣れてきました。画面が大きいことのメリットもやっぱりあります。いろいろiPhone上でやってみようと思い、いろんなことをクラウド化してみています。

・新年を迎えるということは、特に日本人にとって大きなことなのではないでしょうか。1年をふりかえり、こんなに新しい気持ちで新年を迎える国民というのは、他にあるのでしょうか。上に1年が早いと書きましたが、つまり、時間の見方、把握の仕方、認識の仕方ももっと変えていかなければならないということです。3年単位で目標を考えるというやり方がありますが、ほんとうにそれです。特に自己革新については、3年1スパンで考えなければ。凝り固まってきました。でも、凝り固まらなければ、社会の中では軟弱すぎてやっていけないのではないかとも思ったりして、自己武装します。ルーティン、日常化、いろんなことが固定されていきます。自由ではなくなり、また創作から遠ざかります。でも、自分がやりたいところのことからはぶれずにやっていきたいな、と思います。僕のやりたいこと?思索、控えめな表現活動、他者の自由選択のもとの影響、といったところでしょうか。
 *
村上春樹さんの『職業としての小説家』を読んでいます。確固たる生活のシステムを作り、走り、孤独に、創作に励んでいると書かれてありました。あるいはシステムの作り方であろうかと思います。またいろいろ考えずに生きる年にしたい。

・2016年を迎えて、やりたいことリストというものを作ってみています。人生も折り返し地点に近くなってきたなあ。あるいは、もう折り返しているのかなあ。(日本人男性の平均寿命は79歳)


それでは、みなさん、今年もごきげんよう。
written by B&M
comments(2) | trackbacks(0) | 関連記事を検索する
▲TOP
HAPPY NEW YEAR
気がつけば、去年(2014年)はいっさい投稿を行いませんでした。

その間のことをちょっと要約して書いておくと、

・異動がありました。新しい仕事環境で、ばたばたしていました。

・MacBookProのHDDが壊れて、DataRescueを使って復旧しました。新しいHDDに移行するさい、都合上、新しいMacに乗り換えたような感じになり、環境をそのまま移行することもできず、このブログへのログインなどもリセットされていました。でも、ウェブにあるものものの素晴らしさ、いったんログインしたら、環境はそのままです。

・プリンタのインクヘッドがおかしくなって、CanonMG6530を購入しました。これについては別段不便ありません。

・iPhone5c(Blue)を使い続けています。不便はありません。Appleのラインナップからは消えましたが、別にかまいません。デザインは別に悪くなかったと思います。そして、持ち運びの面からiPhone6 Plusなどのような大きな画面にしたいとは今のところ思いません。老眼になったりしたら考えるかもしれないけど。1年以上前に書いた「2個セット!★ZAZ★ 薄型厚さ6mm!Lightning 30pin 変換 アダプタ - iPhone DockコネクタをiPhone Lightningコネクタへ変換」は以前のケーブルが数本遊んでいる、そしてケーブルを忘れた時に周囲の旧コネクタのiPadユーザーやiPhoneユーザーに借りられるということで、結構使えます。「(Lulu LAB) まとめ売り 2個セット Lightning - Micro USB 変換アダプタ ライトニングコネクタ 変換コネクタ ライトニング」については、もう使っていません。でも、これってアンドロイドの人にケーブル借りる時とかは使えるのか。そういう機会がなかっただけで。

・AppleTVを買いました。iPhoneやMacのミラーリングができるので、撮った写真をみんなで見るとか、iMovieの大画面試聴とか、GyaoKids配信の妖怪ウォッチをみんなで見るとか、YouTubeを見るとか、ともかくTVが拡張されたようですばらしい。いちいちケーブルにつなぐ手間もなくなり、これで8000円程度だった。

といったところです。

マイ時間は激減し、自分とかかずらわっている余裕がなくなり、結果、ブログで書くという行為から遠ざかっています。

それと同じくして、人とのコミュニケーションも、なかなか取り辛くなってきたなあと感じています。
あるいは、コミュニケーションする内容が、このブログで取り扱ってきたようなこと(Mac、文学、個人的な趣味など)から、大きく逸脱してきたなあと感じています。

あるいは、子育て世代というのは、そういうものなのかもしれません。

ということで、みなさん、あけまして。
長く生きれば生きるほど、別れも多くなっていきます。
おめでとうございます、とは、付け加えづらいかもしれません。
それでも、今日再びあなたが生き続けていられることについては、おめでとう。
これからも日々をなんとか生きていきましょう。
そして、お互い、少しでも何かに貢献できる人間であれますよう。

※そういえば、いかにして人に悪影響ではない影響をして、あるいはいかに人の邪魔をせず人に影響を与えず自分なりの善を為すかとか、そういうことをうじうじ考えてきたのもこのブログではなかったかと思います。それは、村上春樹氏の「いかにコミットメントするか」とか、そういうことでもあると思うけれど、そういうことを、そういえば、考えない人間になってきたのだなあ。それは、社会人として時間が経って、すり減って丸くなったためか、あるいは親となってダイレクトに影響を受ける子どもという存在があるからか、それはよくわかりません。
written by B&M
comments(3) | trackbacks(0) | 関連記事を検索する
▲TOP
iPhone5cのための変換アダプタ
久々の投稿です。
仕事的には、2学期が終わりました。
日々が、飛ぶように過ぎ去っていきます。

なんだかんだ言って、結局、iPhone5cに乗り換えています。

新しいインターフェース、時々現れる新しく魅力的なアプリ(Waterlogue、Plague Inc.とか)。
新しみや興奮がない、と言いつつも、やっぱり常に隣にあり、時々刺激をもたらしてくれています。(ただ、それはどの「スマホ」も同じなのかも知れませんが。)

手を変え品を替え、姿をかえながら、これらのツールはただ単に、ネットワークというものを、少しずつ我々に生活に差し込んできているだけの「使い」たちなのかもな、と思ったりもします。

ニュースをもっと把握したい。
もっと簡単にコミュニケートしたい。
もっと簡単にタスクやToDoを管理したい。(もっと言えば、もっと確実に自分の目標や欲望やなんかを管理したい)
みたいな欲望は常々あって、
でも自分としては満ち足りていて。
乾いてないのに乾いていると錯覚しているのかもしれないし。

困ったのはコネクタの変更。
iPhone Dockというのか、Apple Dockというのか、以前のコネクタ使えなくなりました。

で、以下を購入。
「2個セット!★ZAZ★ 薄型厚さ6mm!Lightning 30pin 変換 アダプタ - iPhone DockコネクタをiPhone Lightningコネクタへ変換」

これで、昔のケーブルを、新しいLightningに変換することができます。
基本は、これで事足りる。
ふたつとも、不具合もなく、使えました。
ただ、ビデオサポートは終了。
これは、Apple純正のアダプタでもそうなので、技術的な問題みたい。
昔のコネクタで、アナログでテレビへ出力するケーブルがあったのですが、それもはもう使えません。
テレビに出力したければ、HDMIのケーブルにする必要があるようです。
それなら、AppleTVでも買ったほうがよさそうな・・・。

もうひとつ、
「(Lulu LAB) まとめ売り 2個セット Lightning - Micro USB 変換アダプタ ライトニングコネクタ 変換コネクタ ライトニング」
これは、Micro USBをLightningに変換するためのもの。
予備電源がMicro USBだったので購入したのですが、動作不良。
僕の持っている予備電源が対応していないのか、そもそも壊れているのか、確認できず。

ふたつあわせて1000円程でした。

新しくなっていくのって、いろいろ面倒ですね。
written by B&M
comments(0) | trackbacks(0) | 関連記事を検索する昨年の記事
▲TOP
cの意味
廉価iPhoneと見られるパッケージ写真が流出! 廉価版の名称は「iPhone5C」か / Cの意味がネットで議論「Cはチープの “C” では?」 | ロケットニュース24さんとこが、発表前からiPhone5cの「c」の意味を考えられていた。

【cheap(チープ)のC】廉価版だから

【colourful(カラフル)のC】廉価版iPhoneは、ホワイト、ピンク、イエロー、ブルー、グリーンの5色展開と見られているから

【for common(フォーコモン:一般向け)のC】安くなるのでより多くの人が持てるようになるから

【for Cook(フォークック)のC】ティム・クック氏の名前より。iPhone4Sの「S」はジョブス氏のファーストネーム「スティーブの“S”」という説から

【plastic(プラスチック)のC】素材から。plastic の最後の1文字をとって「C」という説

Apple自ら「cheap」とか「cheaper」とはつけないだろう・・・
やっぱりcolorのcかなあ。
commonはイマイチ。
しっかし、CookとSteveにはマイッタね。
plasticって、最後の文字かい・・・。

あと、「China」のcという案も・・・?
written by B&M
comments(0) | trackbacks(0) | 関連記事を検索する
▲TOP
私的iPhone雑感
iPhone4Sで、いまだにiOS5なのは、Google Mapの履歴やブックマークが惜しいからであり、新しいものがめんどくさくなってきたからであり、自分に必要な機能については、これで必要充分だったから。

新しいiPhoneが出たけれど、それほどの驚きもなく、それほどほしいとも思わなかった。(まあ、FacetimeカメラがHDだったり、フラッシュが新しくなったりしているのには、ちょっと食指が動くのだけど。)

アップルの新しいサプライズ(大西宏) - BLOGOS(ブロゴス)にも書かれていましたが、サプライズを生み出せなくなったのだとしたら、悲しい。

でも、僕はiPhoneを使い続けていく決意なので、iPhoneが上手に生き長らえていくことを望んでいく。
もちろん、MacやiPadも。

ウィルス管理についてや、適度な成長については、申し分ない。

以下、自分なりにまとめ。

・日本最大手ドコモでも出ました。(中国最大手チャイナ・モバイルとも提携?)
・指紋認証はすごそう。
・日本ではiPhoneのシェアは5割だが、世界で見ると、2割となり、廉価版の発売は急務だったよう。
・ゴールドは、中国市場を意識?
・他者のスマホは、カメラ重視、画面重視とか、特化したものに
・iPhotoやiWorksなどが無料!

参考:
Appleが中国のスマホ市場に本気をだしてきた - NAVER まとめ
今秋に発売予定の注目スマホまとめ - NAVER まとめ
iPhone 5C の位置付けをどう考えるか:John Gruber | maclalala2
iPhone+iPad FAN (^_^)v: 廉価版というにはおこがましい!! 超こだわりの「iPhone 5c」まとめ。
Apple、新しいiOSデバイスを購入された方に、iWork、iPhoto、iMovieを無料提供すると発表 | Apple Apps | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)
written by B&M
comments(0) | trackbacks(0) | 関連記事を検索する
▲TOP
なぜか泣ける動画
鉄拳「約束」 - YouTube

鉄拳というお笑い芸人のことは、以前テレビで見た。

この動画は、ベタなんだろうけれど、心に届いて、泣ける。

じゃあ、ベタってなんだ。
擦れた現代人の、自分が擦れてるってことを言う時の言葉か。
そっか、そういうことだったのか。
written by B&M
comments(0) | trackbacks(0) | 関連記事を検索する
▲TOP
学校とネット、写真の位置情報、BBQ、英語教育論議
中高生の12人に一人はネット依存?!という報道があった。
それはヤバくないか・・・と思いつつ、
こんな記事を読んだ。
ポジティブに受け止めている点、好感を持った。

中高生だけじゃない! ポジティブ・ネット依存《小林 隆「デジタルでアナログな共同体」》

B&M的要点:
・大人もネット依存です。
・現実では認められなかった正しいことが、ネットで受け入れられることも
・それが創造性を発揮することも
・ただし、偏った人だけでいられるので、排他的になりやすい
・時には他人の価値観に目をやる作法を教えよ


 ***

学校でのインターネット利用に関しては、今後も変化を続けていくだろう。
教科書がiPadになったり、携帯電話の携帯も可能になるかもしれない。

でも、ネットには問題がたくさんある。
ネットでの人間関係(いじめ)、宿題(ズルしてレポートを提出など)、ゲーム(生活リズム、逃避)。
問題はネットにあるわけではないのだが、最新のツールというのも相まって、大人の把握が難しくなり、「管理下外」となる場合もあり、問題が深刻化しやすいので、勢い「禁止」になるのだが、学校外では、子ども達は大人よりも達者に、これらのツールを活用している。

※ただし、学校内で個人ネットを「禁止」することには、ネットから離してやれる、いわば冥想の時間の提供のような観点からも、今後考えていく必要があるように思う。

問題が深刻にならないようにするために、事前の「教育」が必要になる。

※ただし、教育される側、生徒の側に、隔たりがあることも事実。ヘビーにコードまで用いてネットを使える子、メールしかしない子、まったくネットに興味がない子。

要は、いじめてはいけませんよ、他人に宿題やってもらっても自分のためになりませんよ、ゲームやりすぎるといけませんよ、というようなことで、教えることは、昔と変わらないことなのだが。

学校は、裁判所や警察ではない。
物事を断じたり、取り締まったりすることはできない。

学校の力は、教育である。
道徳教育など、遠回りだが、遅効でも有益なことをする。
人を殺してはいけませんよ。目標を持って有意義に生きなさいよ。
規制や、取り締まりで、環境整備することも必要なのだが、真の教育は、個人の判断力を鍛えることだ。
それは、ネットによって揺さぶりをかけられているが、昔からの不易なものなのだろう。

 ***

ところで、今さらながら写真のGPSについて。

【要注意】貴方がアップしたその写真で住所がバレバレ! - NAVER まとめ

iPhoneなどのケータイ電話で撮った写真には、GPS情報が埋め込まれる。
GPS機能を持ったカメラなどでも同じことが起きる。

それをネットにアップすると・・・
位置情報から、個人情報が流出し(バレ)てしまう。
ストーカーや自宅襲撃の被害につながる。

さっき確認して知ったのですが、Macでは、iPhoneからiPhotoなどに写真を取り込む時に、GPS情報を保持する。
しかし、iPhotoから外部へコピーする時には、GPS情報を削除するということをしているようだ。
メール添付の際も、同様に、コピーということで、GPS情報を削除しているようだ。

Facebookや、公式なTwitterへの投稿も、GPS情報を削除しているようです。
ブログへの投稿の際も、ブログのアップローダーがGPS情報を削除している様子。

ただし、上記リンクによると(2012年情報)、Picasaやmixi、Twitpicでは削除されない。

中高生の位置情報流出が流出しないように。
僕の指導は、「わからないもの、責任がとれないなら使うな」という、「勢い禁止」の立場だ。

でも、大人になったら、携帯電話(スマホ)なんて、みんな使う。

禁止していたら、大人になれないじゃないか。

大人になっても、不手際で、多額の利用料金を請求されて、はっとする。
そういう経験は、僕にもある。
もちろん、その請求は、不手際なので、自己責任で、勉強代として、支払う。(思わぬ通話の増加、海外での利用、アプリ購入後の更新の不確認とか)
まあ、大人は、責任をとれるから、使っていい、ということになる。
ただし、動向を常に注視していく義務がある。
注視していたから、不手際に気付き、勉強し、次は繰り返さないようになる。
でも、そんなことは、みんなができるわけではない。
なら、携帯電話も、運転免許と同じようにするべきかなあ?

 ***

「ネットの偏った人間関係」について、さらに書いてみる。

ネットは、偏った立場の人間が集まりやすい、ということについて。

先日、「自宅の庭でBBQ(バーベキュー)」について調べた。
発言小町とか、OK WAVEとか、Yahoo!知恵袋なんかを見た。

ところで、あなたは、「自宅でBBQ」をどう思いますか?
煙や匂い、火事の心配から、「禁止」と思いますか?
自分もやりたいから、「容認」しますか?

そもそも、ネットには、いろんな立場の人間がいます。
都会の人、田舎の人。
戸建ての人、戸建て賃貸の人、マンションの人、マンションの中でも立派なバルコニーがあるとか、ないとか。

ある質問サイトでは、圧倒的多数が、
・煙や匂いが迷惑
・やるなら河原かバーベキュー(キャンプ)場で
・火事になる
ということで、質問者は、「庭でBBQ」を断念されていた。

ところで、「庭でBBQ」という表記が漠然過ぎることに、ここで気付いた。
・炭火でBBQ
・ホットプレートで焼肉
レベルがある。
このサイトでは、電気ホットプレートでの、火気を使わない焼肉ならOKとする人もいただろうが、それでも、匂いが気になる人は、容認できないだろう。

いろいろサイトを見ているうちに、
・じゃあベランダで煙草もNG(蛍族なんて言葉があった?!)
・ベランダで食事もNG
・昔はサンマを焼いたりしていたのに
・換気扇から出る食事の匂いもNG
とかって、議論が絶えず、面白かった。

これが、戸建て住宅販売の企業の交流サイトなんかだと、
「ソトゴハン」とか、「おうちピクニック」とかって、けっこう推奨されていたりするので、面白い。

あと、外国ではベランダなどでの食事は普通だとか(アジアでも、中国、シンガポールとか?)、
アメリカではBBQセットは各お家にあるとか(住宅事情が異なるが)。
この点、「ネットは外国の事情も知ることができる」など、「今見えているもの以上のものを見られる可能性」も指摘できますね。

うちの実家では、お正月のおもちを庭で焼く習慣があった。
家の裏が田んぼだったことも大きいですね。
昨今マンションが建ったのでやめたようですが。

ネットを利用する「年齢層」なんかも、関係する。
高齢者はネットの議論にはほとんど参加しないマイノリティーになる。(おばあちゃんの知恵は、なかなか出てこない)
退職したての人たちなら、時間を持て余して、参加するかもしれないが。
BBQ、洗濯物への匂いを気にするのは、独身の方(特に女性)などは、気にするかも知れない。
でも、自分もBBQをする主婦の方などは、気にしないかもしれない。

ちなみに、我が家は「田舎」なので、結局、「自宅の庭で炭火でBBQ」を実行した。
お隣もやっているし、まわりの田んぼでは野焼きをやっているし、いまだにドラム缶でゴミを燃やしているおじいさんもいたりするので。

ネットでの意見・立場の偏り、というか、コミュニティ形成について、ちょっと考えた出来事でした。

アイドルについての議論、製品についての議論、政治に関しての議論、いろいろ、ネットでの議論は、難しいですね。

 ***

最後に、英語教育論議について。

『英語教育、迫り来る破綻』重版出来! - 希望の英語教育へ(江利川研究室ブログ) - Yahoo!ブログ

現政府のやり方に、「?」を抱く人が、ネットで集まって議論したり、賛同したりできるのは、ネットのいいところですね。
そういう、市民パワーが、政治を動かしたりします。

そういえば、先の選挙では、ネット選挙解禁でしたが、盛り上がりには欠けたような?

読んでみたい本です。
ネットがなければ、出会うことはなかった本です。
written by B&M
comments(0) | trackbacks(0) | 関連記事を検索する昨年の記事
▲TOP
モンスターズ・インク
モンスターズ・インク [DVD] / ビリー・クリスタル, ジョン・グッドマン, ジェームズ・コバーン, スティーブ・ブシェーミ, ジェニファー・ティリー (出演); アンドリュー・スタントン (脚本); ピート・ドクター, リー・アンクリッチ, デヴィッド・シルバーマン (監督)

先日のテレビ放映の映画『モンスターズ・インク』を見ていて、この映画、エネルギー問題について描いていたのだ!と驚いた。

モンスター界はエネルギーが不足し、停電の危機!
モンスターズ・インクでは、悲鳴をエネルギーに変換していたが、それでは足りず、子どもの悲鳴吸引機なるものが登場して・・・。

エネルギーのためになんでもオッケー、とはいかないのだ。

悲鳴よりも笑い声のほうがエネルギーになるなんて終わり方も、いい。

検索したら、やっぱり僕以外にも、モンスターズ・インクとエネルギーについて書いてた人は、いた。
閃きは、地球規模で考えたら、かなりの人に起きてる。
問題は、それをどんな風に形にするか、だ。

→モンスターズインクとエネルギー問題 | ジョニーのねこまみれ日記 - 楽天ブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/saisuke/diary/201104150000/

 ***

ところで、ジョブズが残したもう一つの遺産、Pixar。
トイ・ストーリーなど、素晴らしい作品を量産している。
この前、何かの記事で、ディズニーがピクサーを買収してうまくいった、という話を見た。
ディズニーに買収されたピクサーだが、アイディアをうまく出し続けるために、遊びの部分を残した。
上司の意見も、意見のひとつ。
また、シリーズものの製作も抑えた、というような話だった。
ディズニーはピクサーで復活。
今後、スター・ウォーズの買収などの影響も出てくる・・・。
written by B&M
comments(2) | trackbacks(0) | 関連記事を検索する
▲TOP
久々に腹を抱えて笑ったブログ
【ネタバレだらけ】ダークナイトライジングのだめなところ

ノーランのバットマン(ダークナイト)が大好きだ。
『メメント』は、実験的でうん、まあなかなか、という感じだったが、『ビギンズ』をそれなりに楽しく見て、『ダークナイト』はほんと狂気の沙汰、『ライジング』は、子どもが寝ついた夜中に車飛ばして映画館に見に行ったもんな。

それから、ノーランにハマって『インセプション』を見る。
これもなかなか面白かった。

そんな『ライジング』だが、面白い、という前提で、でも、まあ、それなりに叩ける部分もある。
その叩き方が絶妙で、自分の敬愛する作品だったからか、だからこそ笑えたのか、ともかく、検索で見つけたこの記事、面白かった。
written by B&M
comments(0) | trackbacks(0) | 関連記事を検索する
▲TOP
| 1/218pages | >>
RECOMMEND
→LINKS
***my blogs***
Image Image
→next attention to...→
Image ラナークム四巻からなる伝記
*RECENT COMMENTS
→RECENT TRACKBACK
←LINKS